« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

大きく上げれば回転

ダビ:+3,000円

10年国債利回り:1.650%

.

資産変動率:.-32%

.

トーセイ:1Q決算発表(進捗率31%)

ケネ-R:3/23:新規→5.03%:コーヘン・アンド・スティアーズ・.キャピタル・マネジメント

.

3月29日(木)

ダビ:0円

10年国債利回り:1.645%

.

資産変動率:.-34%

.

3月第3週:投資主体別売買動向

外国人(408,618)、個人(-260,787

ダビ:株主総会(10:00~)

パシフィックM:1Q決算発表(進捗率25%)

| | コメント (0)

2007年3月28日 (水)

ダビ:-3,000円

10年国債利回り:1.670%

.

資産変動率:.-34%

.

DA-R:07年5月分配金上方修正(+24%)

DA-R、ダビンチセレクト:

投資信託委託業者における「経営の基本原則」の採択、組織変更等に関するお知らせ

.

.

3月27日(火)

ダビ:-3,000円

10年国債利回り:1.635%

.

資産変動率:.-32%

.

3/23 申込み現在)  [3市場信用取引残高(金額:億円)]

申込日 売り残   前週比  買い残  前週比  損益率% 倍 率
3/23  14947     +4.1  43098 -1207.1     -     2.88
3/16  14942    -786.7  44305  +1648.7  -7.48  2.97
3/09  15729    -448.3  42657  +2195.7  -4.75  2.71
3/02  16178    -857.8  40461  +2356.8  -6.19  2.50
2/23  17035    +303.8  38104   +303.9  -1.18  2.24


.

アセットM:東京都より有明南地区における事業予定者に選定

       総事業費:281億円、取得費:108億円、竣工H22年3月予定

エムケーキャピタル:有料老人ホーム等への出資:19.8億円(上限) 

| | コメント (0)

2007年3月26日 (月)

寄りで買戻し

ダビ:+7,000円

10年国債利回り:1.645%

.

資産変動率:.-32%

.

123K、124K、128Kで売り(平均126K)、失敗。

| | コメント (0)

2007年3月23日 (金)

ダビ:-4,000円

10年国債利回り:1.605%

.

資産変動率:.-34%

.

月曜日は、3月権利付最終日

3月第2週:投資主体別売買動向

外国人(-86,882)、個人(422,340

フージャース:通期下方修正(-20.3%)

リサ:「1H」初(目標株価910,000円)

| | コメント (1)

2007年3月22日 (木)

寄りで買戻し

ダビ:+2,000円

10年国債利回り:1.545%

.

資産変動率:.-32%

.

DA-R:3/15:新規→5.26%:フィデリティ投信

.

[L] 

国土交通省が22日発表した2007年1月1日時点の公示地価は、全国平均(全用途)が前年比0.4%上昇となり、16年ぶりに上昇に転じた。住宅地は前年比0.1%、商業地は同2.3%それぞれ上昇し、ともに16年ぶりのプラスとなった。3大都市圏では商業地が前年比8.9%上昇と2年連続で伸び、住宅地 も同2.8%と16年ぶりに上昇した。大都市圏中心部の商業地では30―40%を超える上昇率を見せた地点があり、地方圏の住宅地、商業地が依然前年比マイナスで推移する中で、都市圏の地価上昇が際立つ結果となった。 

●全用途   2005年 2006年 2007年 

 全国      ‐5.0    ‐2.8   +0.4 

 三大都市圏  ‐3.9    ‐0.9   +3.8 

  東京圏     ‐3.2    ‐0.7   +4.6 

 大阪圏     ‐5.4    ‐1.4   +2.7 

 名古屋圏    ‐3.5    ‐1.0   +2.8 

 地方圏     ‐6.0    ‐4.6   ‐2.8 

●商業地   2005年 2006年 2007年 

 全国      ‐5.6    ‐2.7   +2.3 

 三大都市圏  ‐3.2    +1.0   +8.9 

 東京圏     ‐2.5    +1.0   +9.4 

 大阪圏     ‐5.0    +0.8   +8.3 

 名古屋圏   ‐3.3    +0.9   +7.8 

 地方圏     ‐7.5    ‐5.5   ‐2.8 

●住宅地   2005年 2006年 2007年 

 全国      ‐4.6    ‐2.7   +0.1 

 三大都市圏  ‐3.7    ‐1.2   +2.8 

 東京圏     ‐3.2    ‐0.9   +3.6 

 大阪圏     ‐5.2    ‐1.6   +1.8 

 名古屋圏   ‐3.3    ‐1.3   +1.7 

 地方圏     ‐5.4    ‐4.2   ‐2.7 

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火)

様子見

ダビ:+3,000円

10年国債利回り:1.560%

.

資産変動率:.-33%

.

3/16 申込み現在 [3市場信用取引残高(金額:億円)]

申込日 売り残   前週比  買い残  前週比  損益率% 倍 率
3/16  14942    -786.7  44305  +1648.7     -     2.97
3/09  15729    -448.3  42657  +2195.7  -4.75  2.71
3/02  16178    -857.8  40461  +2356.8  -6.19  2.50
2/23  17035    +303.8  38104   +303.9  -1.18  2.24
2/16  16732    -138.4  37800   -320.9  -4.01  2.26

.

みずほ:通期下方修正(-25%)

JSR-R:決算発表(07年1月期11,638円→7月期予想10,036円)

JSR-R:3/14:10.76%→12.11%:Prospect Asset Management

| | コメント (0)

2007年3月19日 (月)

様子見

ダビ:+4,000円

10年国債利回り:1.575%

.

資産変動率:.-35%

.

ケネ:オーストラリアの大手金融サービス会社、チャレンジャー・ファイナンシャル・サービ

        ス・グループと共同で、オーストラリア版のREITであるLPTを立ち上げる。日本の商

        業施設を投資対象とし、4月30日にオーストラリア証券取引所に上場する予定   

| | コメント (0)

2007年3月16日 (金)

様子見

ダビ:-4,000円

10年国債利回り:1.575%

.

資産変動率:.-37%

.

アセットM:転換価額の修正(332,500円→266,000円)、適用日3月30日以降

| | コメント (0)

2007年3月15日 (木)

様子見

ダビ:+1,000円

10年国債利回り:1.585%

.

資産変動率:.-35%

.

3月第1週:投資主体別売買動向

外国人(-390,040)、個人(590,257

| | コメント (1)

2007年3月14日 (水)

様子見

ダビ:-9,000円

10年国債利回り:1.565%

.

資産変動率:.-35%

.

ダヴィ:「1H」継続(目標株価21万5600円:継続):日興シティ

| | コメント (0)

2007年3月13日 (火)

様子見

ダビ:-6,000円

10年国債利回り:1.605%

.

資産変動率:.-31%

.

3/9 申込み現在 [3市場信用取引残高(金額:億円)]

申込日 売り残   前週比  買い残  前週比  損益率% 倍 率
3/09  15729    -448.3  42657  +2195.7    -     2.71
3/02  16178    -857.8  40461  +2356.8  -6.19  2.50
2/23  17035    +303.8  38104   +303.9  -1.18  2.24
2/16  16732    -138.4  37800   -320.9  -4.01  2.26
2/09  16870    +331.8  38121  +1138.6  -5.03  2.26

.

[L]

 金融庁は13日、ダヴィンチ・セレクトが善管注意義務に違反したとして、新たな資産運用委託契約の締結を14日から3カ月間禁じる業務停止命令を出した。ダヴィンチ・セレクトがDAオフィスの資産運用のために取得した不動産は、貸しビル38物件で、このうち5物件に問題があった。また、38物件はすべてダヴィンチ・セレクトの親会社であるダヴィンチ・アドバイザーズの私募ファンドから購入した物件。 ただ、金融庁では「故意に価格を歪めようとしたわけではない」(幹部)と判断。業務停止を新たな資産運用委託契約の締結禁止にとどめた。 金融庁は、再発防止策や責任の明確化などを盛り込んだ業務改善計画を4月13日まで提出するよう求めている。 処分を受け、ダヴィンチ・アドバイザーズは「ダヴィンチ・セレクトが行政処分を受けたことを真摯に受け止め、グループ全体として、法令にのっとり、内部管理体制の一層の強化を図る」とのコメントを発表。

| | コメント (0)

2007年3月12日 (月)

様子見

ダビ:0円

10年国債利回り:1.610%

.

資産変動率:.-27%

.

| | コメント (0)

2007年3月10日 (土)

様子見

ダビ:+3,000円

10年国債利回り:1.605%

.

資産変動率:.-27%

.

ダビ:大証金、貸借取引申込停止措置を解除 12日から

TOC:3/2:6.20%→7.41%:ダビ(アルガーブ)

| | コメント (0)

2007年3月 8日 (木)

様子見

ダビ:+7,000円

10年国債利回り:1.615%

.

資産変動率:.-29%

.

2月第4週:投資主体別売買動向

外国人(-264,967)、個人(508,664

| | コメント (0)

2007年3月 7日 (水)

様子見

ダビ:-1,000円

10年国債利回り:1.620%

.

資産変動率:.-33%

.

パシマネ:「オーバーウェイト」格上げ(目標株価368000円):JPモルガン

パシマネ:「アウトパフォーム」格上げ(目標株価300000円):CS

R-JSR:2/28:8.39%→8.44%:JPモルガン

アセットM:2/28:7.48%→8.56%:JPモルガン

パシマネ:2/28:新規→5.51%:JPモルガン

| | コメント (0)

2007年3月 6日 (火)

寄り買い戻し

ダビ:+5,000円

10年国債利回り:1.625%

.

資産変動率:.-33%

.

3/2 申込み現在 [3市場信用取引残高(金額:億円)]

申込日 売り残   前週比  買い残  前週比  損益率% 倍 率
3/02  16178    -857.8 40461  +2356.8   -     2.50
2/23  17035    +303.8  38104   +303.9  -1.18  2.24
2/16  16732    -138.4  37800   -320.9  -4.01  2.26
2/09  16870    +331.8  38121  +1138.6  -5.03  2.26
2/02  16538    +591.9  36982   -100.8   -4.68  2.24

.

パシフィック:CB発行100億円、払込期日3月15日

ケネディクス:SPC2社の連結(純利3.22億円、純資産182.25億円)、

                SPC全体への出資比率66.5%

R-ケネ:公募投資法人債発行120億円、申込期間3月6日、払込期日3月15日

R-DA:2/28:新規→5.19%:prospect asset management

プロパスト:2/28:新規→5.98%:インベスコ

アルデプロ:中間発表(上方修正+5.4%、進捗率54%)

【N】

都心5区のオフィスビルの新規成約賃料は2007年から2008年にかけて年率5~8%上昇し、その後は年に4%程度の上昇から徐々に横ばいとなる――財団法人日本不動産研究所と三鬼商事の共同研究会は3月5日、今後10年間のオフィス賃料と空室率の推移を予測した結果を発表。 予測対象としたのは、基準階面積100坪以上の賃貸オフィスビル2007年から2008年にかけては空室率が約2%まで低下し、賃料は年率5~8%の割合で上昇すると予測。既存ビルの建て替えが活発化することから、新築ビルが増加する割にストックが増えず、賃料の上昇が続くと見込んでいる。2009年から2011年にかけては景気の後退や企業収益の悪化が予想されるため、空室率が4%近くまで上昇し、賃料は年率4%程度の上昇から徐々に横ばいとなると予測した。2012年以降は空室率は4%前後で安定的に推移し、賃料もほぼ横ばいになるとみている

【N】

REIT運用会社の報酬率は対分配金の平均で14%、オフィス系REITに比べて住宅系の報酬水準が高い傾向――ニッセイ基礎研究所がまとめたレポート「J-REITの資産運用報酬を考える」。上場40社のうち2期以上の決算実績がある26社について、決算データから把握した報酬水準を比較した。対分配金でみた各社平均の報酬率14%とは、資産運用で生み出された最終利益を100とした場合、この利益を投資家86%、運用会社14%の割合で分け合ったことを意味する。 対分配金による報酬率が最も高かったのは、東急リアル・エステート投資法人の運用会社だ。最も低かった森トラスト総合リート投資法人の運用会社と比べると約4倍の開きがあった。東急リアル・エステート投資法人は、期間中に投資口価格が上昇したことによるインセンティブ報酬の影響が大きい。

| | コメント (0)

2007年3月 5日 (月)

様子見

ダビ:-12,000円

10年国債利回り:1.620%

.

資産変動率:.-35%

.

ダビ:「オーバーウェイト」継続(08年度目標株価200,000→209,000円):JPモルガン

スターマイカ:新株発行中止

| | コメント (0)

2007年3月 2日 (金)

様子見

ダビ:+1,000円

10年国債利回り:1.665%

.

資産変動率:.-29%

.

東京建物:「ニュートラル」据え置き(目標株価1400円→1800円):CS

| | コメント (0)

2007年3月 1日 (木)

様子見

ダビ:-7,000円

10年国債利回り:1.645%

.

資産変動率:.-29%

.

2月第3週:投資主体別売買動向

外国人(528,740)、個人(-431,800)、信託銀行(-82,349

.

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »