« 様子見 | トップページ | 来週は様子見 »

2006年9月21日 (木)

大きく上げれば回転

ダビ:+9,000円。出来高:47,744株

10年国債利回り:1.690%

.

資産変動率:-35%(年初来:-52%)

.

アイディーユー:通期上方修正(+1.8%)

.

【ダビンチIR】

前引け後、東京・丸の内の「パシフィック・センチュリー・プレイス」のオフィス部分をパシフィックセンチュリーグループより約2000億円で取得。運用資産残高は今回の取得で1兆円を突破。

.
2001年11月20日、東京駅八重洲南口エリアに高さ約150mの超高層ビル「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」竣工。東京駅に連結、総額約1,300億円を投じた不動産開発プロジェクト。地上31階建て、延床面積81,168平方メートルの大型複合ビル。敷地面積を6,383平方メートル、建築面積はその約半分の3,052平方メートル。残りの約2,000平方メートルはオープンスペースとして確保し、緑豊かな広場。入居するグローバル企業に、欧米並みのサイズ、より先進的な設備、阪神大震災クラスの地震が発生しても、人命はもちろんこと「ビルの主要機能が確保できる」耐震設計基準をビルの躯体だけでなく、設備、機器にも採用。8階から31階のオフィス部分には、現時点でのテナント契約率は約80%。賃料は1平方メートルあたり4,5000円程度、地下1、2階の商業施設部分の運営は、(株)鉄道会館が担当。こちらの入居率はすでに100%。3~7階に「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」(客室数57室)。

1997年3月、日本パシフィックセンチュリーグループ(PCG、香港の金融・不動産企業の日本法人)は、国鉄清算事業団が実施した八重洲地区(4,854㎡)の入札において、約869億円で落札。1997年9月、PCGは日本開発銀行(現日本政策投資銀行)と、総額347億円、期間25年、金利2.5%/年の契約。1998年2月、PCGは、隣接してJR東日本が所有する用地(1,528㎡)と入札で取得した用地とを一体的に開発することでJR東日本と合意。

|

« 様子見 | トップページ | 来週は様子見 »

コメント

はじめまして。
たかぼんと申します。
人様のブログを見ながら、恐る恐る株の売り買いをしている大学生です。
すっげー勉強になりました。
これからもいろいろ教えてくださいね。

投稿: たかぼん | 2006年9月21日 (木) 17時57分

はじめまして。
こちらは現在、流動化の情報サイトと化してますが、参考になれば、ちょくちょくよって下さい。

投稿: ina | 2006年9月23日 (土) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 様子見 | トップページ | 来週は様子見 »