« 回転 | トップページ | 回転 »

2006年7月 1日 (土)

回転

ダビ:+4,000円。出来高:28,332株

10年国債利回り:1.915%

CME大証比:-10円

.

【ダントツ投資研究所さん、より】

今日は6月最後の取引日ということで、半期のウインドウドレッシング日でした。しかしながらチャート上、典型的な高値引けというわけではありませんでした。

.

【J - 6月30日】

みずほFGは30日、発行済み普通株の1.14%に相当する13万6500株を上限1300億円で買い入れ消却すると発表した。7月4日に予定する公的資金の完済により経営の自由度を取り戻すとともに、発行済み株式数の需給を改善し、株価上昇につなげる。
 消却する自社株は、企業再生の助言を手掛ける完全子会社が保有する39万2000株の一部。7月3日の東証終値で7日に取得する。残る約25万株についても、経営体力の範囲内で今後消却を進める予定。 

[30日 L]

総務省が発表した5月全国消費者物価指数(生鮮食品を除く総合、コアCPI)は、前年比0.6%の上昇(4月0.5%上昇)となった。石油製品が押し上げ要因となり伸び率が拡大するなか、金融市場では日銀が7月にもゼロ金利政策を解除するとの観測が強まっている。5月全国のコアCPIは7カ月連続のプラス、8カ月連続で前年比ゼロ%以上となった。民間調査機関25社の予測~は予想通りだった。6月(中旬速報値)の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、前年比0.3%の上昇となり、5月の同0.4%上昇から伸び率が縮小。新年度入り後、数カ月経ったことから家賃を下げる動きなどがあり、予測中央値の前年比プラス0.4%を下回る伸びにとどまった。

|

« 回転 | トップページ | 回転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回転 | トップページ | 回転 »