« 回転 | トップページ | 回転 »

2006年6月10日 (土)

寄りで買い戻し

ダビ:+10,000円。出来高:43,770株

10年国債利回り:1.835%

CME日経平均先物:大証比-165円

機械受注(14:00):+10.8%-事前予想(Bloombergで+3.5%、Reutersで+3.3%)

.

機械受注が予想より、大幅増で相場は急上昇。イベントの確認を忘れていた。今後は基本に忠実に。

回転失敗。取消したと思ったら113,000円で一部約定、出来有りの表示無し、やられた。今後は、保有株の表示確認もマメにしなければ。

また、板を見られない1時間半の間に116,000円でも約定、板を見られない時は指値を外す原則を怠った、反省。

月曜日は、CMEが大幅安なので、寄りで買戻し予定。

.

日本ビルド株式会社7月7日にジャスダックに上場。ダヴィンチが子会社である(有)トレドを介して未公開株投資しており、取引先でもあります。

.

コスモ証券投資判断

ケネディクス:「A」継続

.

【J-6/9】

三菱UFJフィナンシャル・グループは9日、国から注入された1兆4000億円の公的資金の返済を完了。国が保有していた2974億円分の優先株を普通株に転換した上で、同日午前、個人投資家向けに売却したため。公的資金を完済した大手銀行グループは、住友信託銀行に次いで2グループ目、三メガバンクでは初めて。

.

【F-6/9 08:08】
メリルリンチでは4/20付けレポートで「自民党総裁選の見通しと今後の政策課題」とし
て~ダビンチ、みずほFG~

安倍内閣が誕生した場合に恩恵を受けやすい17銘柄をまと
めている。新興市場銘柄は同社と早稲アカ が選出、同社については政府保有不動産の売却が材料と

.

[9日 L] 

民間の貸ビル仲介業者である三鬼商事は8日、東京ビジネス地区(千代田、中央、港、新宿、渋谷の5区)の5月末の大型オフィスビル(1フロア100坪以上)の空室率が3.18%と、4月末の3.29%から低下、01年1─2月の3.07%以来の低水準となったと発表した。

.

【N-6/9】

生駒データサービスシステム(IDSS)によると、東京のAクラスビル(優良ビル)の2006年5月期の空室率が、前月比0.3ポイント減の0.6%となった。これは、1996年の調査開始以来の最低水準だ。Aクラスビルは、都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)を中心としたオフィス街として成熟度の高い地区にあり、延べ床面積がおおむね1万坪以上の大規模ビルを指す。~都心5区全体の空室率は2006年に入って3%を下回り、2006年5月期には2.7%に達した。大阪市中心部にあるAクラスビルも調査開始以来の最低水準を更新した。2006年5月期の空室率は0.9%となり、1%を下回っている。

.

【N-6/9】

2005年4月~2006年3月に証券化された不動産は6兆9117億円と、前年度比で約3割増加~。このうちREITが1兆7400億円、私募ファンドなどREIT以外が3兆8900億円。REIT以外での信託受益権の証券化のうち、リファイナンスまたは転売された資産額は1兆2800億円。1997年度以降の累積額は23兆6611億円に達した。2005年度に証券化された不動産の用途は、資産額ベースでオフィスが35%、住宅が20%、商業施設が12%だ。昨年度とほぼ同じ~。REITの保有物件は、2005年度末の取得価格ベースで4兆264億円。このうち都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)が48%、周辺18区が14%。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/NFM/free/NFMNEWS/20060609/129906/zu060609_4.html

.

今後のイベント

6/15 四季報発売

※ダビ:信用規制解除

|

« 回転 | トップページ | 回転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回転 | トップページ | 回転 »