« 月曜日も回転 | トップページ | 明日も回転 »

2006年4月23日 (日)

きっかけ待ち

流動化セクター(新興、中小型株)は下げトレンド、日本市場も4月でピークアウト懸念?

しかし、業績は好調(都市圏のオフィス空室率低下、オフィス賃料上昇)。

PERは20倍台(割高ではないでしょう?三大不動産のPERの方が高い)。

外人は日本の不動産に強気の様子(REIT買い。モルガンの3兆円アジア不動産ファンド)。

日銀(&政府)も早期の利上げはしない様子。・・・4/28リポートでは、無いはず?

ダビは、金利上昇には、セクター内では耐久力がある方だし(有利子負債率は低い方。PBRは高いが)、PERは26倍。・・・5/9(昨年)第1四半期決算発表

取引は現物。

これだけ状況が揃っているのに...。

回転して枚数を増やしながら、トレンド転換のきっかけ(5/9?上方修正、運用報告)を待てば良い?

逆に、懸念は下方修正とファイナンス?

|

« 月曜日も回転 | トップページ | 明日も回転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月曜日も回転 | トップページ | 明日も回転 »