« ダビンチ6万株の売り | トップページ | 明日も回転 »

2006年4月29日 (土)

回転...

ダビ:-3,000円。出来高:47,958株

10年国債利回り:1.920%

シカゴ日経平均先物(CME):大証比-45

.

ダビ第1四半期決算発表まで4営業日(ブルームB予想)

.

三井住友FG:上方修正(6900←5500:25.5%、PER13倍へ)

.

(仮説)

誤発注だったとしたら、蓋をして買戻ししたいはず。できなければ暴騰も?

社長だったら...。DA-Rのニュースもあるし。

可能性は、金子社長日本トラスティ信託口、ステートSB&T、モルガン、GS、(主幹事)証券会社?

.

【ダビ:大株主の保有数】

(有価証券報告書:12/31現在)
金子修                ...420,540(26.8)
日本トラスティ信託口         87,865(5.6)
ステート・ストリート・バンク&トラスト 73,770(4.7)
大証金                 ..45,620(2.9)
日本マスター信託口         ..43,210(2.7)
モルガンスタンレー          .35,890(2.3)

BONY フォー・GS           ..32,395(2.1)

自己株式                .30,044(1.9)

(大量保有報告:報告義務発生日3/31
ゴールドマンサックス         .78,585(5.02)
JPモルガン              ..82,747(5.82)

.

M - 4月28日】

日銀が28日発表した「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)は、~現在のゼロ金利政策を早期に解除する考えを強く示唆する内容となった。福井俊彦総裁は「焦ってはならないが安心しすぎて遅すぎてもいけない」と利上げのタイミングを計る姿勢を示しており、市場では「7月のゼロ金利解除もあり得る」との見方が強まっている。
このままいけば、景気の「回復」から、「拡大」に入るとの見通しを示した。~賃金水準の上昇などで消費者物価の上昇幅が拡大していく姿を展望している。
~しかし、日銀のゼロ金利解除にはハードルも多い。1バレル=70ドルを突破して史上最高水準にある原油高がこのまま続けば、日本も含めた世界経済の失速につながりかねない。また、米国がこれまで継続してきた利上げを休止した場合、日銀が利上げに踏み切れば金利差縮小の思惑から円高が進む可能性が高い。円高進行は景気に冷や水となる~

.

今後のイベント

5/上旬     MSCI指数採用銘柄の定期見直し(ダビ:候補)

5/9(予想)      ダビ第1四半期決算発表

5/9             ケネ第1四半期決算発表

5/10           フージャース決算発表

5/11           セキュアード第1四半期決算発表

     13:00   三菱地所決算発表    

5/12 15:00   フィンテック中間決算発表

         リサ第1四半期決算発表

5/16      アーバン決算発表

5/17           ジョイント決算発表

5/18(予想)  藤和不動産決算発表 

5/18 14:00   住友不動産決算発表

5/22  16:30(予想)    三菱UFJフィナンシャル・グループ決算発表

5/23(予想)   三井住友フィナンシャルグループ決算発表

5/26(予想)   プリヴェ決算発表

5/26 15:00   ジェイブリッジ決算発表

6/中      アルデプロ第3四半期決算発表

※        ダビ信用規制解除

.

注目銘柄

セキュアード(有利子負債0、メザニンファンド)

クリード(上方修正でPER低下。7月決算発表後更に低下?。有利子負債率若干高いか)

アセットM(決算発表後PER低下。セクターではバランスの取れた財務内容。ファイナンスがネック)

極東証券(証券・債券、不動産ファンドの両ドライバ、低PER、PBR、自己投資要注意)

三井住友FG(金利上昇、景気回復、資産デフレ脱却の恩恵)

|

« ダビンチ6万株の売り | トップページ | 明日も回転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダビンチ6万株の売り | トップページ | 明日も回転 »